So-net無料ブログ作成

<スカイネット>旅客機3機を点検せず運航 厳重注意に(毎日新聞)

 スカイネットアジア航空(本社・宮崎市)が運航するボーイング737−400型機3機で、国の通達で定められた点検期限を超えて運航していたことが分かり、国土交通省は24日、同社に厳重注意した。

 国交省によると、発電機制御装置のテストが600飛行時間ごとなのに631時間超過していたり、主翼のフラップの部品の非破壊検査を600飛行回ごとにしなければならないのを164飛行回オーバーしていた。昨年12月に整備計画作成のコンピューターを導入したが、プログラムのミスが原因だった。【平井桂月】

【関連ニュース】
日航機:羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」
航空機部品落下:エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田
エチオピア航空機:90人乗り、ベイルート沖で墜落
スカイネットアジア機:車輪トラブル 手動で出し羽田着陸
NY行き旅客機:ドア外側に布 成田に引き返す

橋下府知事、統一地方選で過半数取れなければ「ある意味退陣」(スポーツ報知)
バンクーバー五輪 スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)
女性62歳、自宅で死亡…首絞められ殺害か(読売新聞)
昨年の衆院選は「違憲状態」 1票の格差で 東京高裁 (産経新聞)
国公立大2次試験 前期日程始まる(毎日新聞)

勤務中にコンビニ強盗、タクシー運転手再逮捕(読売新聞)

 神奈川県警南署は18日、横浜市港南区野庭町、タクシー運転手斎田秀美容疑者(54)を強盗容疑で再逮捕した。

 発表によると、斎田容疑者は先月23日午前3時40分頃、同市南区蒔田町のコンビニ店「サークルK横浜蒔田店」に押し入り、男性店長(60)に包丁(刃渡り約18センチ)を突きつけ、レジから現金10万5000円を奪った疑い。斎田容疑者は勤務中に犯行に及んでおり、犯行直後にも客を乗せて仕事をしていたという。

 斎田容疑者は3日、同区内のコンビニ店に強盗に入ろうとしたところを、同署員に銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されていた。

 昨年12月から、同区や港南区で発生していたほかの4件のコンビニ強盗事件についても犯行を認めており、「店頭に人が出ていない店や窓にポスターなどが張ってあり、店内が見づらい店ばかりを狙った」などと供述しているという。

寛永通宝 地域通貨で使用へ 香川・観音寺市で計画(毎日新聞)
柳田邦男さん 伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)
マンションで火災、夫婦が死傷 東京・練馬(産経新聞)
京成千葉線で男性飛び込み死亡、1800人に影響(読売新聞)
練馬の幼児2人焼死、押し入れが火元か(読売新聞)

自民が審議拒否の方針、小沢氏国会招致求め(読売新聞)

 自民党は22日朝、緊急の役員会を開き、「政治とカネ」の問題で与党が小沢民主党幹事長らの国会招致に応じない限り、2010年度予算案などの国会審議を拒否する方針を決めた。

 長崎県知事選で自民党支援した候補が勝利したことを踏まえ、与党との対決姿勢を鮮明にした。

 谷垣総裁は役員会終了後、党本部で記者団に対し「政治とカネの問題について、(与党が解決策を)具体的におとりになるならば我々はいつでも審議に応じる」と述べた。

 自民党はこの後、同日午前に開かれた衆院予算委員会の一般質疑を欠席した。公明党などほかの野党は出席した。

がんの情報提供、「上から目線」から「患者目線」へ(医療介護CBニュース)
ノエビア前副社長再逮捕へ 交際女性にも嫌がらせメール(産経新聞)
未明に民家火災、70代母と息子?死亡 大阪・茨木(産経新聞)
国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)
王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)

<積雪>関東南部の平野部で1〜3センチ 18日朝にかけ (毎日新聞)

 気象庁は、17日深夜から18日朝にかけて、関東の東海上に低気圧が発生する影響で関東では雪が降り、茨城県と関東南部の平野部を中心に積雪になるところがあると発表した。東京23区でも積雪の恐れがあり、路面凍結などに注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると、18日午後6時までの主な降雪量は▽東京23区を含む関東南部平野部1〜3センチ▽茨城県、秩父地方、多摩地方、神奈川県西部5センチ。

【関連ニュース】
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
大雪:東北、北陸に寒気直撃…京都・金閣寺雪化粧
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度

<総務省>年金業務監視委を設置…機構の業務チェック(毎日新聞)
選択的夫婦別姓は「悪影響」 議員連盟「創生『日本』」(産経新聞)
<普天間移設>基地問題検討委の開催延期申し入れ 与党3党(毎日新聞)
シュワブ陸上案も排除せず=首相(時事通信)
<雑記帳>「天橋立まるごとフリーパス」サービス(毎日新聞)

既婚者の別姓移行、施行後1年以内に=婚姻後変更は認めず−民法改正案(時事通信)

 法務省は19日、今国会提出を目指す選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案をまとめ、民主党に提示した。同案は、夫婦が婚姻後に同姓から別姓、別姓から同姓に変更することを原則として認めないこととした。ただし、改正法施行時の既婚者については、施行後1年以内に限り、同姓から別姓に移行できるよう定めた。
 改正案は、夫婦が婚姻届を提出する際に、夫か妻いずれかの姓に統一するか、両者が婚姻前の姓をそれぞれ維持することを選択できるよう定めた。また、別姓夫婦の子供の姓は、婚姻時に定めた姓に統一させる。
 法務省は、民主党側の要望に基づき、婚姻後に生じた事情で同姓から別姓、別姓から同姓にそれぞれ変更することを可能とする案を検討した。しかし、「夫婦の姓が頻繁に変わることを認めると混乱を招く」(同省幹部)との理由で断念した。このため、事後変更を希望する夫婦はいったん離婚して婚姻届を出し直す必要がある。
 一方、現行制度の下で結婚した法律上の夫婦はすべて同姓のため、別姓を希望する既婚者に配慮した経過措置を盛り込んだ。施行後1年以内に限り、夫婦関係を維持したまま婚姻前の姓に戻すことを認める。この場合、子供については同姓当時の姓を維持させる。
 改正案は、非嫡出子の相続差別撤廃や、女性の結婚年齢の18歳への引き上げなどとセットになっている。ただ、国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相が夫婦別姓制度の導入に強硬に反対しているため、提出にこぎつけられるか流動的だ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

「必ずもうかる」無登録モンゴル投資ファンド(読売新聞)
女性転落! 電車通るも無事=救助男性、レール間に寝かす−東京・JR高円寺駅(時事通信)
折りたたみ自転車 5製品でハンドル抜ける欠陥(毎日新聞)
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想(J-CASTニュース)
<厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞)

産経新聞iPhone版をヱビスビールが“ジャック”(産経新聞)

 サッポロビールでは老舗ブランド「ヱビスビール」発売120年を記念し、2月25日に産経新聞iPhone版の広告を“ジャック”する。産経新聞iPhone版の広告枠がすべて同一ブランドで展開されるのは初めて。ヱビスビールは明治23(1890)年に発売、東京・恵比寿の地名にもなった老舗ブランド。

  

 

与謝野氏、鳩山邦夫氏の発言引用し“爆弾投下”!首相猛反論…衆院予算委集中審議(スポーツ報知)
米子自動車道で正面衝突=3人死亡、4人けが−鳥取(時事通信)
<アップル>音楽配信サイトで身に覚えのない請求相次ぐ(毎日新聞)
「本当に悔しい」と知人ら=大森さんの通夜−宮城・石巻(時事通信)
女流棋士ら講師に「ふれあい将棋教室」 世田谷区(産経新聞)

<訃報>宮内婦貴子さん76歳=脚本家(毎日新聞)

 宮内婦貴子さん76歳(みやうち・ふきこ<本名・杉本婦貴子=すぎもと・ふきこ>脚本家)16日、肺気腫のため死去。葬儀は近親者で営む。喪主は長女の杉本貴子(たかこ)さん。

 代表作に映画「風立ちぬ」「野菊の墓」「人間の約束」、歌手・佐藤千夜子の半生を描いたNHK連続テレビ小説「いちばん星」(77年、高瀬春奈・五大路子主演)など。02〜03年にTBS系で放送された小学校教師と禅僧の清純ラブストーリー「ピュア・ラブ」(小田茜主演)は原作(毎日新聞社刊)も手掛けた。

基礎疾患に満遍なく注意を―新型ワクチン接種で厚労省(医療介護CBニュース)
日韓“新宣言”どう調整 岡田外相が初訪韓(産経新聞)
地球上空に浮かぶ宇宙基地=新施設設置中の鮮明な写真−野口さん(時事通信)
<鳩山首相>共産党の志位委員長と会談(毎日新聞)
民主公約は破綻=菅氏の消費増税論議発言に−自民総裁(時事通信)

<将棋>17日から王将戦・第4局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、山陰中央新報社など後援、小松電機産業、人間自然科学研究所特別協賛)は17、18の両日、松江市のホテル一畑で行われる。2勝1敗とリードしている久保が初の王将位に迫るか、6連覇を目指す羽生が追いつくか。

 第1局は、久保が三間飛車で快勝。第2局は、羽生が久保の中飛車を打ち破った。第3局は、久保が相振り飛車の戦いを制した。

 ここまでは、いずれも先手番が勝っている。

 第4局は羽生の先手番で、持ち時間は各8時間。立会は井上慶太八段、解説は安用寺孝功六段、記録は折田翔吾二段。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:久保が逃げ切り、2勝目…王将戦・第3局
将棋:17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
将棋:王将戦七番勝負第3局始まる 今期初の相振り飛車に
将棋:王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦

中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生−大阪府警(時事通信)
虐待か? 長女への傷害容疑で継母を逮捕…兵庫 死亡との関連捜査(産経新聞)
<鳩山首相>共産党の志位委員長と会談(毎日新聞)
収容少年のズボンに手 中等少年院教官、容疑で逮捕 神戸地検(産経新聞)
新潟の福田組が5億円所得隠し…国税指摘(読売新聞)

石破氏「当たり前のこと言っただけ」 陸自幹部処分受け(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は17日午前の記者会見で、「『信頼してくれ』という言葉だけで(日米同盟は)維持されるものではない」と訓示した陸上自衛隊幹部を北沢俊美防衛相が処分したことについて「実に当たり前のことをいっただけだ」と批判した。

 石破氏は「日米同盟の信頼性を高めるべきということは、鳩山由紀夫首相の言葉を裏打ちするものだと考えるべきで、何がけしからないのか言ってもらわなければ困る」と指摘した。

 同席した中谷元・元防衛庁長官も「日米安全保障条約の重要性を述べたことを処分されれば現場隊員の士気が下がる」と処分の不当性に言及した。

【関連記事】
陸自幹部を文書注意 「『信頼してくれ』では同盟維持できぬ」発言
北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で
米が求める18日期限 鳩山由紀夫首相、追いつめられた信頼
陸自と米陸軍「関係強固に」 テロ攻撃を想定し共同訓練
陸自幹部処分 本質的な議論を封じるな

東京医大、生体肝移植死で遺族に謝罪と3千万円(読売新聞)
新型ワクチンの接種勧奨へ=予防接種法改正で−厚労省審議会(時事通信)
ケニア大使公邸で火災=けが人なし−東京・目黒(時事通信)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
【中医協】診療側委員が改革を目指す声明を発表(医療介護CBニュース)

輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か(産経新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、手術を執刀した法人理事長で医師の山本文夫容疑者(52)=業務上過失致死容疑で逮捕=が手術前、看護師から「輸血の準備はしなくてもいいのか」と確認されながら「いらん」などと答えていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 肝臓手術は出血しやすく、事前に輸血用血液を準備するのが通例。県警は、山本容疑者らが輸血の準備を怠ったことが患者を死なせた一因だったとみており、実態解明を急いでいる。

 捜査関係者によると、山本容疑者と助手の塚本泰彦容疑者(54)=同=は平成18年6月16日午前10時すぎに患者の肝臓の一部摘出手術を開始。午後1時半ごろまでに肝静脈を損傷させ、患者が大量出血した。

 このため看護師が急遽(きゅうきょ)、事務職員を通じて県赤十字血液センター(大和郡山市)に輸血用血液を発注。複数回にわたって取り寄せたが、患者は午後3時40分ごろ出血多量で死亡した。

 山本容疑者は、大量出血で患者の容体が急変したのちに病院から姿を消し、死後に戻ってきたことも県警の調べで判明している。

【関連記事】
山本病院事件 鑑定8医師「良性」 県警依頼「国家試験レベル」
山本容疑者、肝臓手術は未経験 奈良・患者死亡
元カテーテル納入業者に有罪 奈良・山本病院事件
山本病院事件 肝臓手術で死亡を隠ぺいか
福祉を食い物に 山本病院の診療報酬不正受給事件

<フィリピン>スラムに救援拠点…映画監督の四ノ宮浩さん(毎日新聞)
最大輸送機で重機空輸=陸自ハイチPKO(時事通信)
将棋 王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)
<漁船銃撃>船長2人を送検 北海道羅臼海保署(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。