So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】ウーノ フォグバー 資生堂(産経新聞)

 ■整髪剤のブームに“シュッ!”

 英・ロンドンに現れたイケメン俳優4人。なぜか会話は「シュ!」だけ…。そんなテレビコマーシャルでこの商品を知った人も多いだろう。資生堂が昨年8月に発売した男性用整髪剤「ウーノ フォグバー」(参考小売価格892円)。発売5カ月で年間販売計画240万本の倍以上、500万本を売り上げる大ヒットになった。

 「整髪剤のブームは10〜15年で切り替わる。ヘアワックスが登場して13年。そろそろ次の波が来るのではないかと考えました」

 そう語るのは資生堂UNOマーケティングチームの内山正信さん(26)だ。同社は平成20年秋、東京・原宿で若者の髪形を観察。すると、ワックスがなじまない自然な髪形が多い。

 強い整髪力より、使い心地の良いものが必要とされている−。イメージしたのが、繰り返し使えるのにべたつかないポストイットの粘着力だった。この粘着力を水に溶かしてスプレーにすれば、髪になじみやすく手直しも簡単。髪になじませるだけで自然な髪形に仕上がるうえ、洗い流すのが楽で頭皮にもやさしい。

 3000種もの試行錯誤を繰り返し、商品化する3種が決まった。ところが、発売前の調査は「べたつく」などと評価は散々。

 「フォグバーはスタイリングに使うものなのに、スタイリング後に固めるものと思われていたんです」

 固まらないからと何度も噴射するうちに、べたついたというのが不評の真相。そこで内山さんもモデルになり、DVDを制作した。店頭やHPで流し、使い方やフォグバーでできる髪形を徹底的にアピール。その合言葉が、噴射音を指す「シュッ!」だった。

 今年1月にはリピーター向け詰め替え用パックも発売。「徐々に広まってきましたが、まだまだ」。今後も「シュッ!」を響かせる。(道丸摩耶)

証券優遇税制、見直しへ議論=鳩山首相(時事通信)
羽曳野3人射殺、自殺の大阪市職員を書類送検(産経新聞)
外出伴う公務見合わせ=陛下、体調万全でないと宮内庁(時事通信)
警察署内で拳銃奪い発射=警察官が腕にけが−殺人未遂容疑で男逮捕・警視庁(時事通信)
「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)

「迷惑かけている」首相が後援会にメッセージ(読売新聞)

 鳩山首相と支援者の交流パーティー「鳩山由紀夫と新春の集い」が6日、北海道室蘭市内で開かれた。

 室蘭市後援会の主催。鳩山首相本人は欠席したものの、例年同様に約1000人が集まった。会場では鳩山首相は録画映像を通し、「ご迷惑をかけていることもありますが、国民のために身を粉にして働いています。新しい政治を必ずつくります」とメッセージを送った。

 鳩山首相の代理として出席した幸夫人は、「すごいスピードで政治改革が進んでいるが、一番大変なのは、50年の垢(あか)落とし」と強調。その上で、「皆が夢を持てる社会をつくるためにまい進している鳩山をよろしくお願いします」と訴えた。

ブリーダー犬舎全焼、70匹焼死=奈良(時事通信)
厚労政務官の実績、7割「分からず」=仕事ぶり伝わらず? −NPO調査(時事通信)
反対押し切り、専門外の手術強行=山本容疑者「任せとけ」−奈良県警(時事通信)
インド洋補給活動完了、海自艦が帰国(産経新聞)
立松和平さん死去=小説「遠雷」「道元禅師」など(時事通信)

<横浜事件>元被告の遺族に全額補償 事実上無罪判決 地裁(毎日新聞)

 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、治安維持法違反の有罪が確定し、再審で免訴判決を受けた元被告5人の遺族に対し、横浜地裁は4日、請求全額の計約4700万円の刑事補償を支払う決定を出した。事実上の無罪判決といえる。86年の第1次再審請求から元被告側が求めてきた名誉回復を一定程度果たす決定となった。元被告側は、地裁が冤罪(えんざい)を追認した「司法の過ち」も追及、大島隆明裁判長は元被告の有罪判決について「警察、検察、裁判所の故意・過失は重大」と述べた。

 訴えていたのは、1945年に有罪が確定し、08〜09年の再審で免訴となった雑誌「改造」元編集者の故小野康人さんと、中央公論社の故木村亨さんら4人の計5人の遺族。逮捕(43〜45年)から出所までの579〜846日について「事件はでっち上げ。激しい拷問で虚偽の自白を強いられた」として09年4〜5月、刑事補償法が定める上限の1日当たり1万2500円(計4706万2500円)を請求していた。

 刑事補償法は、免訴理由がなければ無罪と認められる免訴判決の場合、拘置日数などに応じて支払うと規定。確定後には無罪判断の決定要旨が官報などで公示されるため、小野さんの再審判決(09年)で大島裁判長は「一定程度は名誉回復を図れる」と刑事補償手続きに言及していた。新たな再審請求の予定はなく、横浜事件に関する司法判断はこれが最後となる見込み。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
覚せい剤所持:名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
横浜事件:刑事補償、来月4日に決定 元被告遺族が請求、地裁が通知 /神奈川
無罪判決:名古屋地裁判決 玉岡・名古屋地検次席検事の話
無罪判決:被告に「責任能力なし」−−名古屋地裁

石川民主党衆院議員に対する議員辞職勧告決議案全文(産経新聞)
不穏当発言「適当じゃなかった」亀井氏認める(読売新聞)
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)
小沢氏は政倫審で説明を=社民・阿部氏(時事通信)
石川議員、離党が望ましいと仙谷行政刷新相(読売新聞)

<名古屋ひき逃げ>車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道1号交差点で1日未明、信号待ちの男女3人が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、愛知県警熱田署特別捜査本部が事故車内から採取した指紋が、別の事件で採取された指紋と一致したことが県警への取材で分かった。また、特捜本部が車から逃げた男女3〜4人のうちブラジル人の男1人から任意で事情聴取していることも取材で判明。男女はブラジル人グループとみられ、特捜本部がさらに特定を進めている。【中村かさね、山口知、福島祥】

 捜査関係者によると、指紋は車内から複数見つかった。その中に別事件の現場に残されていたものと一致した指紋があったという。特捜本部はこの指紋が逃げた男女のものである可能性があるとみている。

 また事情聴取している男は運転手以外の同乗者。特捜本部は男女のうちこの男を含む複数を特定したが、この男を除く男女の行方はつかめていないといい、男が逃走先を知っているとみて追及する。

 一方、目撃証言などから男女は事故後、西向きと南向きの二手に分かれて逃走した可能性が高いことも分かった。放置された車内からは、工具や携帯電話などの遺留品が押収され、携帯電話は通話履歴などから同県小牧市に住むブラジル人が使用していたとみられている。

 特捜本部は男女のうち運転手以外についても、自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)のほう助や教唆にあたる行為がなかったか調べる方針。

【関連ニュース】
<事件の一報>ひき逃げ:歩道に車、3人死亡…男女4人が乗り捨て逃走
名古屋・熱田のひき逃げ:事故直前、時速100キロ超で逃走 県警の追跡振り切る
名古屋・熱田のひき逃げ:車内に毛髪、血痕 逃走の男女、負傷か
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕
札幌テレビ放送:ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送

<露ヘリ銃撃>北海道の漁船を強制捜査へ 区域外操業の疑い(毎日新聞)
<番号制度>導入に向け閣僚会合 5月までに複数案(毎日新聞)
女子中学生に土下座させる=「10件ほどやった」男逮捕−大阪府警(時事通信)
<火災>群馬で店舗全焼…焼け跡から遺体(毎日新聞)
あれは「戦場」そのものだった 加藤被告は硬い表情のまま(産経新聞)

<感想文コンクール表彰>皇太子さま「良い本と巡り合って」(毎日新聞)

 第55回青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会・毎日新聞社主催、内閣府・文部科学省後援、サントリーホールディングス協賛)の表彰式が5日、皇太子さまを迎えて東京都千代田区の東京会館で開かれ、受賞者ら約700人が参加した。

 受賞者は今春のセンバツ行進曲「My Best Of My Life」に合わせ入場。皇太子さまはあいさつで「今後とも本を読む習慣を続け、たくさんの良い本と巡り合っていただきたいと思います」と述べた。

 コンクールには2万7422校から442万6885編の応募があった。

 ◇受賞の子ら喜びを語る

 5日の表彰式では、内閣総理大臣賞の受賞者の代表が読書への思いを語った。

 愛媛県宇和島市立石応(こくぼ)小3年、川口大智(たいち)君(9)は、「地球温暖化、しずみゆく楽園ツバル あなたのたいせつなものはなんですか?」(小学館)の感想を披露。温暖化防止のためにできることから始めようと呼び掛け、「これからもいっぱい本を読んでもっともっと新しいことを勉強したいです」と話した。

 山形県鶴岡市立朝暘(ちょうよう)第四小6年、結城沙奈さん(12)は、戦没画学生の作品を集めた美術館を題材にした「春さんのスケッチブック」(汐文社)を読んでつづった感想文「伝えられたメッセージ−人間は運鈍根−」を朗読した。

 表彰式後のパーティーでは、皇太子さまが受賞者一人一人に「今後はどんな本を読みたいですか」などと語りかけ、和やかな雰囲気に包まれた。【小泉大士】

国内医療用薬が微減も大幅増益―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断(産経新聞)
政治主導法案を閣議決定へ=国家戦略局、刷新会議を明記(時事通信)
滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で―首相、厚労相が一致(時事通信)
<寛仁さま>不整脈のため再入院(毎日新聞)

医療工学のレベル向上を目指し、28日にシンポ(医療介護CBニュース)

 NPO法人健康医療開発機構は2月28日、日本の医療工学のさらなるレベル向上を図るため、先端医療機器の開発の重要性を広く知ってもらおうと、シンポジウム「日本の技術を、いのちのために。」を学術総合センター一ツ橋記念講堂(東京都千代田区)で開催する。

 シンポジウムでは、「日本の技術をいのちのために委員会」理事長の妙中義之氏(国立循環器病センター研究所副所長・先進医工学センター長)が「もっと救いたい、先端医療機器の力で」、国立がんセンター中央病院長の土屋了介氏が「医療クラスターが創る先端医療機器」と題して、それぞれ講演する。
 その後のパネルディスカッションでは、妙中氏と森勇介・阪大大学院工学系研究科教授をコーディネーターに、梅津光生・早大理工学術院教授/先端生命医科学センター長、澤芳樹・阪大医学部未来医療センター長、日吉和彦・化学技術戦略推進機構部長研究員らが、「医療と工学の出会い〜『先端医療機器』の開発」をテーマに意見交換する。


【関連記事】
「日本の技術をいのちのために委員会」が発足
【中医協】医療機器5件の保険適用を了承
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
医療機器のコード化で国内外の取り組みをヒアリング
医療機器のコード化で、年度内に提言へ―厚労省

酒気帯びで自衛官を逮捕=逃走中、車2台に追突−徳島県警(時事通信)
衆院代表質問 「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)
政務三役・副幹チームを検討=政策関与の強化狙う−民主(時事通信)
NHKの福地会長、改めて辞意認める(産経新聞)
並行輸入業者もカバー配布=英ベビーカー事故(時事通信)

鳥取不審死 運転手宅で不明前に火災 上田容疑者 一緒に飲酒、殺害計画か(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、昨年4月に日本海で水死したトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=が行方不明になる約1カ月前、鳥取市内の自宅アパートで起きた火災で負傷していたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。出火直前まで元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)=強盗殺人容疑で逮捕=と自宅で酒を飲んでいたが、火災後は上田容疑者の姿がなかったという。

 また矢部さんは火災当日、車を運転中に意識を失って交通事故を起こしていたことも判明。鳥取県警は既に矢部さん殺害についても上田容疑者を殺人容疑で立件する方針を固めており、殺害を計画した時期はこのころだった可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、昨年2月26日午後10時ごろ、矢部さん宅で火災が発生。こたつ布団や壁の一部を焼いた。矢部さんは出火当時、こたつで寝ており、煙を吸ってのどをやけどし、搬送先の病院で数日間入院した。出火原因は不明。

 知人によると、矢部さんは出火直前まで上田容疑者と鍋料理を食べ、缶ビールを飲んでいるうちに、いつの間にか眠り込んだが、火災に気づいたときには上田容疑者の姿はなかったという。

 またこの日夕方には、勤務先の鳥取市内の運送会社に車で向かう途中、自損事故を起こし、この知人に「突然、睡魔に襲われ、意識がもうろうとした」と話したという。

 上田容疑者は一昨年ごろから矢部さんと交際。その後、矢部さんから少なくとも100万円以上の借金をしたが、昨年2月ごろから返済を迫られるようになったという。

 矢部さんは昨年4月4日、鳥取県北栄町の海岸近くの駐車場で、上田容疑者と会った後行方不明になり、同11日、北栄町沖の日本海で遺体で見つかった。着衣はなく、司法解剖で遺体から睡眠導入剤の成分が検出された。

 上田容疑者と同居していた元会社員の男(46)=窃盗罪などで起訴=の供述によると、上田容疑者は不明当日、「矢部さんと一緒にいたが、いなくなった」「もみ合いになった」などと男に話したという。

<京大病院>殺人未遂容疑も視野に 高濃度インスリン検出で(毎日新聞)
タミフル広告を違法掲載、輸入代行業者逮捕(読売新聞)
3歳虐待死、父親に懲役6年=裁判員「親なのでショック」−那覇地裁(時事通信)
トヨタ社長会見の一問一答(時事通信)
<化石>鳥に近い恐竜?…中国で見つかる 米大など発表(毎日新聞)

4億円不記載 「小沢氏の了承得た」石川容疑者が供述(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、元会計事務担当の衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、土地代金の原資4億円を政治資金収支報告書に記載しないことを小沢氏に相談し、了承を得ていたと供述していることが2日、関係者への取材で分かった。こうした状況から特捜部は小沢氏についても政治資金規正法違反(虚偽記載)に問えるか、詰めの捜査を進めており、3日にも最高検など上級庁と最終協議に臨む方針だ。

 特捜部の調べによると、石川容疑者は、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として収支報告書に記載せず、土地代金約3億5千万円を支出として記載しなかった疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者は特捜部の調べに、収支報告書を提出する前、「4億円を記載しないことや、土地取得の登記を翌17年にずらすことを小沢先生に相談し、了承を得ていた」と供述。また、土地代金支払い後に受けた融資についても「4億円の原資を隠すための偽装工作だった」とし、「小沢先生の了承なしにできるわけがない」と供述したという。

 特捜部は石川容疑者の供述調書を作成しているとみられ、小沢氏の関与の程度を見極めた上で、上級庁と協議するとみられる。

 一方、水谷建設元幹部らが16年10月に国発注の胆沢(いさわ)ダム工事受注の謝礼として石川容疑者に5千万円を渡したと供述していることについて、石川容疑者は一貫して否認しているという。特捜部は土地代金の原資4億円の一部になったとみており、さらに石川容疑者を調べている。

 小沢氏は先月23日に特捜部の任意聴取を受けた後、「各団体ごとの収入支出などの概要について報告を受けることはあったが、収支報告書の内容を一つ一つ確認したことはありません」と説明し、虚偽記載への関与を否定していた。

 一方、特捜部は勾留(こうりゅう)期限の4日に規正法違反罪で、石川容疑者と元会計責任者の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)を起訴する方向で検討。後任の会計事務担当で元私設秘書、池田光智容疑者(32)については関与の度合いを見極めて刑事処分を決めるとみられる。

 関係者によると、大久保容疑者は16年と19年の収支報告書の虚偽記載について関与を大筋で認めたという。ただ、小沢氏の関与は否定している。

 石川、池田両容疑者は自身の容疑を認めている。

【関連記事】
小沢氏関与の程度は? 上級庁と最終協議へ
小沢氏起訴なら議員辞職勧告決議案提出も 自民、大島氏
不安か自信か…小沢氏「進退」言及のワケ
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…
小沢氏関連団体、資金洗浄か 迂回で1千万円、陸山会へ

<提訴>500円タクシーが 大阪5業者「距離制限撤廃を」(毎日新聞)
がん診療連携拠点病院、新たに15施設を指定へ(医療介護CBニュース)
インフル休校、1月最後の週は3割減(読売新聞)
<調停委員>外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議(毎日新聞)
特急「スーパーカムイ」とダンプ衝突・脱線(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。